FC2ブログ
安光歯科 口腔外科・矯正歯科 BLOG | 高知県いの町の歯医者さん
いの町・高知市・南国市・土佐市・春野町・日高村などの皆様へ!  虫歯・歯周病・義歯・審美歯科・ホワイトニング・インプラント・矯正歯科の歯医者さんです。
プロフィール

安光歯科

Author:安光歯科

高知県いの町天王南の歯科医院 安光歯科BLOGにようこそ!

ご予約・問い合わせ
088-891-6488
インプラント無料相談
088-891-6481

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

くろこさん

「肥満防止薬」実験成功…食事減らさず体重抑制




食事の量を減らさなくても  体重の増加を抑える

「肥満防止薬」  を合成することに、

米ジョンズホプキンス大などのチーム  が成功しました。

成果は18日付米サイエンス誌  に掲載されたようです。


チームは、人間や動物の中枢神経  に作用して強い食欲を引き起こし、

肥満をもたらすホルモン「グレリン」  に着目。

グレリンは特定の酵素の助け  が必要なことから、

この酵素を邪魔する物質  を合成しました。


この物質を注射した  マウスと、

しない  マウスに高脂肪のエサを与えた体重を比較したところ、

食べる量は変わらない  のに、

注射したマウスの約1か月後の体重増加  は

10%以内  にとどまったのに対し、

投与しないマウスは、20%程度  体重が増えたといいます。


合成した物質  は食欲を抑えるのではなく、

糖などの代謝能力を高めていた  とのこと。

摂取したエネルギー  を消費して、体重増を抑えているらしいです。


欧米はもとより、日本でも肥満  が増えている現在、

画期的な情報  だと思いますが、

やはり食事制限や運動  で痩せるのが一番でしょうね。。



スポンサーサイト



▲TOP
北、ムスダン発射準備 核搭載想定 日本全土を射程



北朝鮮が中距離弾道ミサイル  「ムスダン」(射程約3千キロ)

の発射実験  を数カ月以内に実施しようと

準備を進めていることが24日  分かりました。


朝鮮半島情勢に詳しい情報筋  が明らかにしたようです。

北朝鮮は10月  の軍事パレードで、

ムスダンとみられる新型ミサイル  を登場させましたが、

これまで発射実験  は行っていません。

実験によって実戦可能であること  を

“宣言”する  とみられているようです。


北朝鮮軍による韓国・延坪(ヨンピョン)島への砲撃  で、

朝鮮半島情勢が緊迫化  しているなかでの弾道ミサイル発射準備は、

北朝鮮のさらなる挑発行為  といえるでしょう。


北朝鮮は数年前、日本の領土  を飛び越えて、

テポドン  を発射した経緯があるだけに

恐ろしい国だとしか言いようがないですね  。

国際社会での規制  が必要になってきますし、

日本も、もう少し防衛論  が沸き上がってきても

いいころではないでしょうか? 




▲TOP
ロシアなど5カ国も欠席=平和賞授賞式―ノーベル賞委



ノルウェーのノーベル賞委員会  のルンデスタッド事務局長は18日、

オスロで12月10日に行われる  中国の民主活動家、

劉暁波氏へのノーベル平和賞の授賞式  に、

中国  のほか、ロシア、イラク、キューバ、カザフスタン、モロッコの

5カ国が出席辞退の意向  を表明したと言明しました。


同事務局長はこの中で、

これらの国々は欠席の理由を示していない  と指摘。

その上で 「 これほど積極的  かつ直接的に

授賞式欠席  を働き掛けた国の例を知らない 」 と、

各国に授賞式欠席を呼び掛けた中国を強く批判  しました。 


世界的に名誉あるノーベル賞に、このような政治力  が働くことは

本当に残念  としか言いようがないですね。

核廃絶  を謳ったアメリカのオバマ大統領も、

ノーベル平和賞を受賞  しながら、

また核実験  していることが報道されましたが、

このような事実は、唯一の被爆国  である日本にとって、

ますます残念  としか言いようがありません 。。


▲TOP
エビ喰い&魚釣りツアー










今日は清水  に来ています。

高知新聞で伊勢エビ三昧  の広告案内を見て、

「これだ  」と思い、早速申し込みました。

朝はいつもより少し早起き  して、

船同士  で沖に仕掛けてある地引網漁を見に行きました。

寄港して、取れたての新鮮な魚の朝食  はまた格別です。


その後、午前中は港で魚釣り  を楽しみ、

昼食はメインエベントのエビづくし  

(焼き・刺身・味噌汁)などで舌鼓  を打ちました。


午後は、足摺海底館  などの観光めぐりに行ってきて、

久しぶりの休日  を幡多で楽しみました。


田舎には、都会にないエンジョイの仕方  がありますね。。



▲TOP
第2回 高知県歯科医師会学会




今日は朝から歯科医師会学会のお手伝い  に来ています。

演題は「口腔外科の基本手技と偶発症  、並びに

インプラント治療の基礎  と最近の安全な手術」となっており、

講師は、徳島大学ヘルスバイオサイエンス研究部 

統合医療創生科学部門  分子口腔医学講座口腔外科学分野

教授 宮本洋二先生となっています。(長い教室名ですね。。  )


今回の講演では、埋伏歯の抜歯  を中心に、

局所麻酔、切開  、骨膜の剥離、骨の切削、掻爬等の基本手技について、

日常臨床の一助になりうるお話  でした。

それと共に緊急事態に備えて、講師の先生が経験したトラブル  を紹介し、

それに対する対処法・予防法  についての考えを述べられていました。


今回の講演では、まだインプラントを導入していない先生  向けに、

インプラント治療  において、宮本先生が最も重要と思っている

2,3のポイント  を中心に、

インプラント治療の基礎についてお話し  されていたのと供に、

インプラント手術のビデオ  も供覧されていました。


また、インプラント治療をさらにグレードアップさせたい先生  向けには、

手術の安全性や効率性  を高めるために、

最近開発が進んでいるナビゲーションシステム  や

ピエゾサージェリー  を用いた骨移植、サイナスリフトなどについても

ビデオをまじえて紹介されていました。


深まる秋の中、とても勉強になる  充実した1日となりました。。



▲TOP
仁淀支部 総会&忘年会



今日は昼間  は一般診療、

夜はPM7:00~  あんしんセンターにて、

歯科医師会仁淀支部の総会  が執り行われます。

10月16日の支部長会  にて協議された内容等について、

支部で意見を取りまとめていく方向  みたいです。


世の中の移り変わり  が激しくなり、

支部の体制つくり  もいろいろと

複雑化・透明化の傾向  が強くなったような気がします。

また、込み入った打合せのあとの一杯  は格別ですね。。


われわれ開業医  は、一般の患者さん相手に

毎日過ごさせていただいてますが、

同業者の意見  を交わす機会は少ないので、

学会や県外出張  がない限り、できるだけ歯科医師会にも参加して、

まわりの状況を把握し、貢献したい  と思っています。


▲TOP
第89回 KIA例会



昨晩より京都入り  し、今日は朝から

KIA(京都インプラント臨床研究会)の例会  に参加しています。

今回の勉強会のテーマ  は「最先端の歯科医療を学ぶ」ということで、

午前中は「マイクロスコピックデンティストリ―」  と題して、

東京歯科大学歯科保存学講座教授  である

中川寛一先生の特別講演とデモ  が行われます。

午後は、KIA会員発表  となっており、

私もスケジュールの最後  に「歯科治療における物理療法の有効性」

という演題で発表する  ことになっています。


深まる秋色の中、臨床のヒント  になる「何か」を

しっかりと学んで帰りたい  と思っています。



▲TOP
いの町3歳児検診&高知県歯科医師会学会打合会



今日は午前中は右下臼歯のインプラントオペ  が入っており、

昼食  をはさんでPM1:20~3:20の間、

いの町すこやかセンター  での3歳児検診、

午後から一般診療  の後、PM7:15~あんしんセンターで

高知県歯科医師会学会打合会  が開催されます。


1日の中で、手術・検診・診療・会議と

めまぐるしく移動  があります。

スタッフも同じく移動  となるので、本当に感謝  感謝です。


また、こういった日  は、気負わず、焦らずに、淡々と

ノルマ  をこなしながら、1日を過ごしていきたいと思います。



▲TOP
胡主席、横浜APEC出席へ



中国外務省  は8日、胡錦濤国家主席が13、14両日に

横浜市で開かれるアジア太平洋経済協力会議  (APEC)

首脳会議などに出席する  と発表しました。


尖閣諸島沖での漁船衝突事件を受けて日中関係  が悪化する中、

胡主席が訪日するかどうか注目  されていましたが、

国際的な責任を果たす姿勢をアピール  する方針みたいですね。


菅直人首相と胡主席の会談が

実現するかが今後の焦点  となりますが、

外務省の発表  は 「菅首相の招待を受け」 となっており、

中国側は現時点では首脳会談を前提  に

日本側と調整を進めているようです。


ただ、中国政府は、漁船衝突事件を撮影したビデオ映像  が

インターネット上  に流出した問題の影響なども懸念しており、

中国側は日本国内の動向を見極める  とともに、

会談に向けた「ふさわしい条件と雰囲気づくり」  (外務省)

を日本側に求めていく方針  みたいですね。


昨日・一昨日と東京都内に出張  していましたが、

かなりの数の警察官  が警備にあたっていました。

おそらくこの APEC の影響  だとは思っていましたが、

同時多発テロ  以降、厳戒態勢を敷くのは

いつも当たり前  になってきましたね。。


▲TOP
Pierre  Fauchard  Academy







今日は朝から新宿のとあるホテル  で開催されている

ピエールフォシャールアカデミー国際歯学会  に参加しに来ています。


このPFAは

「歯科医学開花への道を拓いたピエール・フォシャール  の先駆的業績を讃え、

その精神を継承  し、相互啓発と国際的連帯のもとに、

医道の高揚と研鑽をはかり、歯科医学の発展と向上  を期する。」

という課題  を掲げています。


また、PFA日本部会・メンバーの努力目標  として、

1.医人の豊かな人格形成  と幅広い国際的感覚を養う。

2.PFAの思想を普及し、国家・社会の繁栄  に貢献する。

3.最新歯科医療の趣勢  を見極めて常に自己研鑽に努める。

4.歯科界・共存共栄の理念に基づき奉仕の心  を実践に生かす。

という重要な意義があります。


同じメンバーの先生方に指示  を仰ぎながら、

日々の生活の中で、少しづつ  でも

この理念  に近づきたいと思っています。



▲TOP
待合に飾っています



ハロウィンも終わり、イベント好きな日本人も、

小休止  といったところでしょうか?

アメリカは、クリスマスの時期、

外で 『メリークリスマス  』 という、挨拶は交わさないそうです。

節度を持ったご挨拶は 『 HAPPY Holiday 』 だそう。

なぜなら、メリークリスマスは クリスチャンだけのご挨拶だから。

イスラム教、仏教…、多民族国家ならではですよね。


写真はクリスマスの足音が聞こえそうなアレンジメントです。

待合に飾っています。

ぜひご覧になってください。


▲TOP
<農業>競争力強化へ 政府が方針




政府は2日、菅直人首相 を本部長とする

農業改革推進本部 を設置する方針を決めました。

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加問題 を念頭に

日本農業の競争力強化 を図るもので、

TPP参加に反対する 与党内の議員や

農業団体の理解を得る狙い もあるようです。


TPPに参加すれば農産物 を含む

大半の貿易品目 について関税が撤廃されるため、

高関税で守られているコメ や麦、乳製品などへの影響が懸念され、

農林水産省は農業生産額が4兆円強減る との試算を示しています。


いま、日本は戦後最大の円高 に見舞われ、

輸出産業が軒並み落ち込む などの危機にさらされています。

そのため、TPPに参加する ことにより、

日本からの輸出品にかかる関税を安く して、

日本の製品を他国が買いやすくする政策 を取ろうとしているのです。

モノ が売れにくくなったいま、

大企業や中小企業はもちろんこの政策  に賛成ですが、

高い関税  をかけて日本の農家を守っている

農業に打撃が及ぶ  というわけです。

あちらを立てれば、こちらは合い成り立たず  と、

すべてがうまくいくようには、世の中  できていませんね。。



▲TOP
中国上海 帝王切開で病院が収入増狙いか? 



中国の上海市 では、産婦人科での出産の約54%が

帝王切開であることが、保健所の調べ で分かりました。

上海紙、新聞晨報 によると、世界保健機関(WHO)が推奨する

帝王切開での出産率15% を大きく上回っており、

中国全体でも飛び抜けて高い 比率だということです。


上海市で極端に帝王切開 が多い背景には、

出産費用が自然分娩(ぶんべん)に比べて約2倍 かかるため、

収入増 を当て込んだ病院側の

「ビジネス姿勢」 があるとみられているようです。


中国婦人子供保健協会 では、

「上海の一部の病院は巧みに妊婦 を帝王切開に誘導して、

妊婦に決断させている 」と指摘しています。


上海市内の産婦人科 で出産経験のある女性は

「分娩直前 になって産婦人科医から

『あなたは骨盤が小さいので 自然分娩は困難だ。

自然分娩だと激しい痛みから逃れられない 』と脅された」と、

今では不本意な様子 だとのこと。


多くの産婦人科は慢性的な人不足 で、

出産日時や産気づいてから 赤ちゃんが出てくるまでの

時間 の読めない自然分娩は、

商売上、効率が悪いと考えているフシ がある、といわれています。


この報告 を聞いて、同じ医療機関として、

考えさせられる部分 は大いにありました。

やはり、医は算術ではなく、人術だ ということです。。



▲TOP

歯科医師求人案内

当院で一緒に働きませんか!?
常勤および週3回までの非常勤歯科医師の募集です。勤務条件などは当院院長まで直接お電話でお問い合わせください。
医院見学も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。
日本口腔インプラント学会の認証医・専門医の取得、歯科インプラントの技術習得など丁寧にサポートいたします。

検索フォーム

リンク

安光歯科Blogをリンクに追加

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ペンギン時計